公開履歴
泣いている男性

レビトラは、日本で認可の下りているED治療薬であり、正しく服用方法を守って使えば安心して使用できるお薬です。
バイアグラに次ぐ、第二のED治療薬と紹介されることの多いこのお薬ですが、バイアグアラの有効性分が「シルデナフィル」という物質であるのに対し、レビトラの有効性分は「バルデナフィル」となっており、まったく別のお薬であると言えます。
そのため、「バイアグラではあまり効果が無かった」というような方でも、「レビトラなら効果があった!」という場合も多くあるようです。
レビトラの種類には、10mg錠と20mg錠があり、一番最初は少ない容量のものから処方してもらうのが理想ですが、「すでにバイアグラの50mg錠を飲んだことがある、でも効果が無かった」というような方には、レビトラの20mg錠が処方される場合もあります。
いずれにしても、お薬であることには変わりないので、服用を始める際にはしっかり病院で医師の話を聞き、服用方法を理解した上で正しく処方してもらいましょう。
レビトラの効果を十分に発揮させるには、空腹時に服用するのが一番です。
というのも、このお薬は食事などに影響を受けやすいためです。
服用する際には、アルコールも飲み過ぎないように気をつけましょう。
個人差はありますが、服用後20分から1時間で効果が表れ、10mg錠では5時間から6時間の間は効果が持続します。
20mg錠では10時間ほどの効果の持続があるようです。
その他、副作用には「ほてり」や「目の充血」、「鼻づまり」などの症状が表れる場合がありますが、これらの症状はレビトラの効果が薄れるとともに無くなってくることがほとんどです。
もしも不快な症状が続く場合は、早めに医師に相談しましょう。
また、レビトラにはジェビトラというジェネリック医薬品があります。
ジェビトラにはレビトラと同じバルデナフィルが配合されており、効果や副作用についてもレビトラと同等となっています。
ジェネリック医薬品であるジェビトラはレビトラの後発薬となりますので、薬価がレビトラよりも安くなっているのが特徴です。
ジェビトラは日本で認可されていないので、市販されていないのが難点ですが、こちらは通販を使えば簡単に手に入ります。
通販ではまとめ買い割引や、送料無料の特典があるので、病院へ行ってレビトラを処方してもらうよりも更に安く入手することが可能です。
レビトラの効果を試したいけれど値段が高いと感じている場合、通販を利用してジェビトラを入手することをおすすめします。